カウンセリングルームルーチェ

セラピスト紹介

 

 高野 修 1968年生まれ

 

 

 心のケアをする為にとった資格と、趣味の資格等を載せています。(順不同)

 

臨床検査技師 (国家試験)

 

柔道整復師 (国家試験)

 

社団法人 日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー

 

米国NLP協会認定 NLPプラクテショナー

 

国際セラピートレーニング協会(ITTO)認定セラピスト

 

米国催眠療法協会(ABH)認定催眠療法士

 

国際催眠連盟(IHF)認定催眠療法士

 

調理師免許 (国家試験)

 

潜水士 (国家試験)

 

ダイブマスター (PADI)

 

米国アプレジャーインステュート(クラニオセイクラルセラピー1・2)(頭蓋骨仙骨療法)

 

 自己紹介 

 

 私の父は典型的なアルコール中毒患者でした。
ですので小さいころから機能不全家族でした。父親の暴力や、暴言、父と母のケンカ等を見て育ってきました。 母は父の暴力等、子供への影響を考え、離婚しました。
 もうこの頃から、父の激しい気性を受けてきた影響で、僕は人が信用が出来ず、人間嫌いで1人でいるのが好きでした。
常に、本を読み続けて人との関わりを持とうと思えなかったです。
子供の頃の記憶は、恐怖とショックで封印はされていましたが、
人間不信・嫌いは治りませんでした。

 

高校生になる頃まで、正直、何の為に生きているのか分からず、生き辛さを感じていました。

 

 それでも母が看護師をしていた影響もあり、自分も国立甲府病院の臨床検査技師になった。
その後で、市立甲府病院に移ったが、人とうまくやっていけずに、生き辛さを感じて辞めて5年ほど鬱状態となった。
それから改めて、学校に行き直し、柔道整復師(接骨院を開くのに必要な免許)を取りなおす。
患者さんの体のケアをしていくうちに、心も病んでいる人の多さに、カウンセリングや心理療法を学びに行くようになる。
産業カウンセラーになりカウンセリングを、始めて行きました。 

 

治療の幅を広げる為に、ABH認定催眠療法士を取り、IHF認定催眠療法士をとり、NLPプラクショナーをとり、ITTO認定セラピストも取得しました。

 

 カウンセリングも、傾聴と、NLPを組み合わせ、問題点に気づいてもらい、
ご本人の問題点を変えていくお手伝いをさせていただきます。

 

 僕自身も催眠を初めて習いに行った際に、
僕自身の子供の頃の心の傷が半分癒されました。
それまでは、体中に重い鎖が巻きついて行動を制限していたような状態でしたが、体についていた重い鎖が半分取れて、心と体が軽くなり、出来る事が増えるようになりました。
なんて生きやすいのだろう?人は変わるのが難しいとずっと思っていたのに、こんなに簡単に、人が変われるとは思っていなかった。

 

 

今は人を信用でき、愛せるし慈しむ事も出来るようになる。
自分と同じように苦しんでいる人に変わってもらいたいと思いやっております。  

 

人は変われます。生まれたからには誰もが幸せになる権利があります。
今からでも遅くはありません。自分の幸せを取り戻しましょう。

 

悩みに大きいも、小さいもありません。

 

その悩みが幸せになるのを邪魔していると感じている方は、ぜひご相談ください。

 

 今まで病院や、カウンセリングも何か所も通ったけど、変わらなかった、効果がなかったと思われる方に、ぜひいらしていただきたいと思います。

 

     心の悪循環を断ち切る心理カウンセラー 高野 修


page top